スポンサーリンク

本屋大賞受賞 辻村深月とは!?

!第1回は読書!
本について書いていきます!!
最近、「かがみの孤城」で本屋大賞に輝いた。辻村深月さんについて書いていこうと思います。
管理人のツナグという名前も、辻村深月さんの作品「ツナグ」からいただいております!
では作者紹介からみていきましょう!

 

作者紹介
辻村深月(1980年2月29日生まれ)
山梨県出身の作家
山梨学院大学附属高等学校から千葉大学教育学部卒業。2004年「冷たい校舎の時は止まる」で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
2012年には『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞受賞
2018年には「かがみの孤城」が見事本屋大賞に選ばれた。
ドラえもん好きでも有名
最近では、映画化や舞台化などされて、メディアへの露出も活発である。

 

特徴
デビューし始めは、「冷たい校舎の時は止まる」「子どもたちは夜と遊ぶ」「名前探しの放課後」「凍りのくじら」といった若者をメインにした作品が多く、特にその心理描写は繊細で、胸を締め付けられるほど巧みな表現であった。
若者特有の悩みや世界観、誰しも通ってきたであろう、あの時の苦しさ。その苦しさを緻密に綺麗に、けれど残酷でもある現実を上手く描いている。
今は、母親、大人の女性をメインにしている作品が多い。2011年刊行の「本日は大安なり」辺りから、少しずつそういった雰囲気の作品が増え始めていく。

 

作品の魅力
繊細な心理描写
特に若者の心理描写は繊細で誰しもが共感できるであろう
最近の作品であれば、女性の心理描写、悩みが細やかに描かれている

 

キャラクター
どの作品も登場人物が魅力的で、本当に一人一人が愛おしくなるほど、素敵な人物です。
管理人は、今でも登場人物を思い出すと、ほっと安心感を抱きます。

 

繋がり
辻村深月さんの作品によく見られていたのは、違う作品のキャラクターが登場したりするという、ちょっとしたサプライズみたいな演出があることです。
この演出が上手く出来る理由は、やはり先ほどのキャラクターが魅力的だからこそです。
魅力的でなければ、その演出に気づくこともありませんし、出てきても感動はありません。
1つの作品として役目を終えてしまった登場人物が、また別の作品に登場して物語を紡いでいく。この演出はとても素敵です。
別の作品同士の世界が繋がっている。その事を想像すると楽しくないですか。
それと同時に、同じ世界でも、考えや生き方、状況、色んなことが違う訳です。
これは現実世界でもそうです。私たちの周りには多くの人々が居て、その一人一人に人生や考え方がある訳です。
物語であれば、その文字を読むと登場人物の気持ち、考えは理解できます。
けれど、現実世界は違います。文字で表現してくれる訳でも、ましてや言っていることが本音かもどうかも分かりません。
作品ごとで繋がりがあることで、よりキャラクターがリアルになります。

 

辻村深月作品との出会い
管理人自身は、高校生の時に辻村深月に出会った。
中学生の時から不登校であった私は、高校は夜間の定時制課程の高校に進みました。
高校生になっても、漠然とした不安や悩みは拭われることなく、毎日毎日何かに不安を感じて苦しんでいました。
そんな時に、辻村深月さんの本に出会いました。
初めて読んだのは、「冷たい校舎の時は止まる」でした。
読んでいて、まるで今の自分自身を描かれているような錯覚に陥るほど、登場人物達に共感しました。同じ悩みの仲間がいるんだという安心感を強く感じました。
その後、「子どもたちは夜と遊ぶ」「凍りのくじら」「ツナグ」「ロードムービー」といった作品を読んでいきました。

 

管理人(ツナグ)オススメ
特に中高生の方に読んで欲しいです。
今の苦しさから救ってくれる、一緒に戦ってくれる仲間がそこにはいます。
個人的おすすめを簡単なあらすじとともに紹介させていただきます

 

「子どもたちは夜と遊ぶ」
始まりは、海外留学をかけた論文コンクール。幻の学生、『i』の登場だった。大学受験間近の高校3年生が行方不明になった。家出か事件か。世間が騒ぐ中、木村浅葱だけはその真相を知っていた。「『i』はとてもうまくやった。さあ、次は、俺の番――」。姿の見えない『i』に会うために、ゲームを始める浅葱。孤独の闇に支配された子どもたちが招く事件は、さらなる悲劇を呼んでいく。

 

「凍りのくじら」
藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う1人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき――。

 

「名前探しの放課後」
依田いつかが最初に感じた違和感は撤去されたはずの看板だった。「俺、もしかして過去に戻された?」動揺する中で浮かぶ1つの記憶。いつかは高校のクラスメートの坂崎あすなに相談を持ちかける。「今から俺たちの同級生が自殺する。でもそれが誰なのか思い出せないんだ」2人はその「誰か」を探し始める。

 

「冷たい校舎の時は止まる」
雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出す。でもその顔と名前がわからない。どうして忘れてしまったんだろう――。

 

「ぼくのメジャースプーン」
ぼくらを襲った事件はテレビのニュースよりもっとずっとどうしようもなくひどかった――。ある日、学校で起きた陰惨な事件。ぼくの幼なじみ、ふみちゃんはショックのあまり心を閉ざし、言葉を失った。彼女のため、犯人に対してぼくだけにできることがある。チャンスは本当に1度だけ。これはぼくの闘いだ。
あたりが個人的おすすめです
一冊一冊の詳しい紹介は、またいつかさせていただきます
スポンサーリンク
オススメ
ツナグをフォローする
ツナグの哲学

コメント